「レビトラジェネリック・サビトラ20mg」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

レビトラジェネリック・サビトラ20mg(10錠入り)

サビトラ20mgは、SAVA社によって製造・販売されている最強のED治療薬といわれているレビトラ錠のジェネリック医薬品です。1錠に有効成分としてバルデナフィルを20mg含有しています。先発品レビトラ錠は最強のED治療薬ともいわれていおり、サビトラ20mgも強力な勃起誘発効果を有しています。1錠20mgの半分である10mgを服用するだけでも強力に効果をあらわし、EDに悩む男性の陰茎に作用し、硬く・強く・太く勃起を促します。性的刺激を受けることで容易に勃起しやすくし、ムラムラしたときに素早く勃起することができるので何回も挿入を可能にし、パートナーを満足させることができます。

サビトラ20mgは、有名なED治療薬であるバイアグラ等と同じホスホジエステラーゼ(PDE)5阻害作用によってED治療効果をあらわします。ホスホジエステラーゼといわれる酵素には1~11の種類が存在し、陰茎にはホスホジエステラーゼ5が主に存在しています。ムラムラしたり性的刺激を受けると、体内ではサイクリックGMPといわれる成分が産生され、そのサイクリックGMP多くなることによって陰茎に血液が集められ勃起を促します。

サイクリックGMPは、ホスホジエステラーゼ5によって分解され無効化されるので、それによって勃起が弱くなってしまいます。そこでサビトラ20mgを服用することでバルデナフィルが体内に吸収されると、バルデナフィルホスホジエステラーゼ5の働きを阻害します。それによってサイクリックGMPが分解されず多い状態が維持され、強力な勃起を得ることができるのです。

バルデナフィルは最強のED治療薬といわれるように、ホスホジエステラーゼ5により選択的に作用するため多くの男性の方たちに愛用されています。一般的なED治療薬だと食後に服用してしまうと効果が弱くなるのですが、バルデナフィルは一般的な食事(総エネルギーに占める脂肪の割合が約30%)であれば食後に服用しても問題なく勃起誘発効果をあらわすのも人気の1つです。お酒の影響もあまり受けないので、パートナーとデートした後でも安心してサビトラ20mgを服用できるので、素敵な夜を過ごすことができます。

日本の病院では、ED治療薬を保険適用で処方してもらうことができません。

ED治療薬を購入するときは全額自己負担になるので、コストがかなりかかってしまいます。

価格も病院ごとにバラつきがあります。

おおよその目安として、病院を受診しサビトラ20mgの先発品であるレビトラ20mgを10錠処方してもらうのにかかるコストは、

  • 初診料・検査料:0~1,500円
  • レビトラ20mg価格:1錠1,600~2,000円×10錠=16,000~20,000円

合計16,000~21,500円もかかります。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

レビトラジェネリック・サビトラ20mg(10錠入り)