「アバナ50mg」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

アバナ50mg

米国ではステンドラ(Stendra)、ヨーロッパではスペドラ(Spedra)というED治療薬のジェネリック医薬品です。

インドの製薬企業であるサンライズレメディーズ社(Sunrise Remedies Pvt.Ltd)によって製造・販売されています。

あまりインドの製薬企業はなじみがないかもしれませんが、インドの医薬品特許制度は独特で、安価でありながら高品質にジェネリックを製造できるため現在メキメキと人気が上昇しています。

有効成分アバナフィルは日本の製薬企業によって発見されたのですが、日本ではまだ承認が間に合っておらずバイアグラやレビトラのように病院から処方してもらえません。

しかし、海外では最新の第2世代ED治療薬として徐々にシェアを拡大しています。

バイアグラ・レビトラ・シアリスのような日本でも手に入るED治療薬よりも即効性があり、15~30分で強力に勃起を促すことができ、複数回の挿入を可能にします。

たとえ射精しても、効果が続いている間は性的刺激を受ければ勃起しやすくなるので、性行為の途中で起こる中折れなどの予防することができます。

緊張や焦りによる精神的な症状にも効果があるので、恋人との性行為に不安があるときにもアバナ50mgはおススメです。

恋人とのデートで食事や飲酒をしても大丈夫です。

有効成分はアバナフィル(Avanafil)です。日本の田辺三菱製薬によって発見されたお薬です。

アバナフィルは、現在販売されているED治療薬(バイアグラ・レボトラ・シアリス)と同じ、ホスホジエステラーゼ(Phosphodiesterase:PDE)5阻害薬です。

PDEは酵素の仲間であり、体内には1~11のタイプが存在しています。陰茎にはPDEタイプ5が主に存在しており、アバナフィルのターゲットはこのPDE5です。

勃起とは、性的刺激によってムラムラした淫らな気分になることで生成されるサイクリックGMP(cGMP)が陰茎で上昇することでスタートします。

陰茎でcGMPが上昇することで、陰茎の血管が拡張され大量の血液が流入するので勃起が起こります。

PDE5は、cGMPを分解し勃起を解除してしまいます。

アバナフィルは、PDE5の働きを抑制し、cGMPの量を高い状態にキープすることで容易に勃起をしやすくしてくれます。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

アバナ50mg