「カネステンクリーム」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

カネステンクリーム

カネステンクリームは、真菌を殺真菌することができる塗り薬(クリーム)です。
白癬(水虫)やカンジダ症の治療のために使用することができます。

世界的に有名な製薬企業であるドイツ・バイエル社によって製造販売されており、日本でも販売名は異なりますが承認・使用されているため、信頼性の高いお薬です。
世界で最初のイミダゾール系抗真菌剤として承認されており、日本では1975年に製造販売承認を得て、1976年1月に販売されています。

日本だけでなく、カネステンクリームはイギリス、ドイツを含む世界60ヵ国以上の国や地域で承認・販売されています。
カネステンクリームは世界中で、真菌による症状に悩む患者のために使用されています。

1日2~3回塗ることで、皮膚の真菌感染症状を改善し、皮膚をきれいに治すことができます。
主に足白癬(水虫)のほか、体部白癬(ぜにたむし)、股部白癬(いんきんたむし)、カンジダ症、癜風の治療に使用することができます。

注意点として、比較的副作用を起こしにくく安全性は高いのですが、完治するまでには長期間継続してカネステンクリームを使用する必要があります。
これはカネステンクリームの効果が弱いのではなく、皮膚の奥深くに潜んでいる真菌を完全に殺しきるためには長期間の使用をする必要があるからです。

見た目の症状がよくなっても途中でやめてしまうと再発してしまうおそれもあるので、根気よく粘り強くカネステンクリームを使用するようにしてください

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

カネステンクリーム