「クロトリマゾールジェル」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

クロトリマゾールジェル

クロトリマゾールジェルは、真菌を殺真菌することができるジェルタイプの塗り薬です。

白癬(水虫)やカンジダ症の治療のために使用することができます。

日本で販売されていないジェルタイプのクロトリマゾール製剤で、ジェルの特徴として皮膚刺激をほとんど起こすことなく皮膚症状を治療します。

主に足白癬(水虫)のほか、体部白癬(ぜにたむし)、股部白癬(いんきんたむし)、カンジダ症、癜風の治療に使用することができます。

水虫、ぜにたむし、いんきんたむしとは、原因となる白癬菌が体のどの部位に感染したかで呼び名が変わるだけで同じ疾患です。

足なら水虫、股以外の体部ならぜにたむし、股間周囲にならいんきんたむしとなります。

主な症状は強い痒みや皮膚のブツブツです。

カンジダ症も、いんきんたむしと同様に真菌のカンジダ菌が陰部に感染してかゆみやブツブツが出る疾患です。

性行為感染症として性行為をしても感染して発症しますが、実は成人の多くの方がすでにカンジダ菌に感染しています。

ほとんどの場合は無症状なのですが、仕事による疲れやストレス、風邪などになることで免疫力が低下することで症状があらわれることもあります。

クロトリマゾールジェルは、1日2~3回塗ることでこのような皮膚の真菌感染症状を改善し、皮膚をきれいに治すことができます。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

クロトリマゾールジェル