「アリセプト10mg」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

アリセプト10mg

 アリセプト10㎎は、認知症症状の進行抑制薬です。

認知症にはいくつかの型がありますが、アリセプト10㎎はその中でも「アルツハイマー認知症」と「レビー小体型認知症」の症状進行を抑える効果があります。

アリセプトは、認知症関連の治療薬の中でも昔から使用され、今では世界中で活躍しています。特に、治療薬がないとされていた高度のアルツハイマー認知症にとって、唯一の有効薬として注目されています。

発売当初のアリセプトは、軽度・中等度のアルツハイマー認知症にのみ適応した薬でしたが、一日用量を5mgから10㎎へ増量することで高度のアルツハイマー認知症にも適応となりました。さらに、2014年にはレビー小体型認知症への適応も承認されています。

人間の脳は通常、神経伝達物質の働きにより神経間の情報伝達が行われ、記憶や学習ができます。

しかし、アルツハイマー型およびレビー小体型認知症になると、神経伝達物質の一つである「アセチルコリン」を産生する酵素の働きが低下し、アセチルコリン自体も減少してしまいます。

そのため脳内の情報伝達がうまくいかず、記憶障害や判断力の低下、見当識障害を引き起こすのです。

脳内には、先にご説明した神経伝達物質アセチルコリンを分解する酵素アセチルコリンエステラーゼ」というものがあります。アリセプト10㎎の有効成分ドネペジルには、脳内のコリンエステラーゼのみを阻害する働きがあり、分解を抑制することでアセチルコリン濃度を高める効果があります。

この効果によりアセチルコリン系の神経伝達が活発になり、記憶障害などの認知症症状を改善することができるのです。

認知症症状を改善できるアリセプト10㎎ですが、認知症を完治させる薬ではありません。そのため病気の進行を遅らせることはできず、薬の投与を中断すると急激に症状が元に戻る可能性があります。

生活に支障をきたす記憶障害などの症状を軽減して穏やかな生活を送るために、正しい用法・用量で内服できるよう家族や周囲の人のサポートも必要です。

有効成分ドネペジルの特徴として、内服後、血中の成分濃度が低下するためには長い時間がかかることが分かっています。

そのため、1日1回のみの内服で十分な効果を発揮し、利便性の高い薬です。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

アリセプト10mg