「タケプロンジェネリック15mg」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

タケプロンジェネリック15mg

タケプロンジェネリックとは、逆流性食道炎胃潰瘍、十二指腸潰瘍を治療するための薬です。

2000年には、胃潰瘍の原因となるヘリコバクター・ピロリ菌の除菌に対して、使用できるようになりました。

頭痛薬などの鎮痛薬には、胃潰瘍の副作用を伴うことが多いですが、その予防にも有効なのが、タケプロンジェネリックです。

逆流性食道炎胃潰瘍などは、胃酸が必要以上に活性化して生じます。通常であれば、胃酸は胃の中に入ってくる細菌やウイルスなどを排除する働きがありますが、胃自体が弱った状態では、胃酸が胃粘膜を攻撃してしまうのです。その結果、胃粘膜の機能が低下し、逆流性食道炎胃潰瘍を起こしてしまいます。そのような状態のときに、有効成分のランソプラゾールが、胃酸の分泌を抑制し、胃粘膜への刺激を減少させ、胃痛や胸やけが軽減されます。

タケプロンジェネリックは、プロトンポンプ阻害薬(PPI)と呼ばれています。これと同じような作用を持つ医薬品に、H2ブロッカーがあります。タケプロンジェネリックの魅力は、このH2ブロッカーよりも、強力な効果が得られることです。

胃酸の分泌には、胃の壁細胞の受容体と大きく関係しています。受容体に結合する種類としては、ヒスタミンアセチルコリン、ガストリンなどがあります。

H2ブロッカーは、ヒスタミンのみ、受容体に結合するのを阻害します。PPIは、ヒスタミンアセチルコリン、ガストリンの全てが、受容体に結合するのを阻害します。よって、PPIH2ブロッカーよりも、強力に胃酸分泌を抑制することができるということになります。

注意すべき点は、治療目的とする疾患によって、使用方法と使用可能期間が異なるということです。自分自身がどの疾患に当てはまり、どの治療が適切なのか、判断に困った場合は、病院を受診し、医師の指示を受けた上で服用するのが望ましいです。

逆流性食道炎胃潰瘍、十二指腸潰瘍の治療として使用する場合は、成人では1日1回2錠を服用してください。使用可能期間は、逆流性食道炎胃潰瘍で最大8週間までです。十二指腸潰瘍で最大6週間までとなっています。

逆流性食道炎の再発・再燃を繰り返すときの維持療法として使用する場合は、成人で1日1回1錠を服用してください。ただし、効果が不十分である場合には、1日1回2錠に増量して服用することも可能です。

非びらん性胃食道逆流症の治療として使用する場合は、成人で1日1回1錠を服用してください。使用可能期間は、最大で4週間までです。

低用量アスピリン投与時、また非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)投与時の胃潰瘍・十二指腸潰瘍の再発予防として使用する場合は、成人で1日1回1錠を服用してください。

ヘリコバクター・ピロリ菌の除去補助として使用する場合は、他の薬剤(アモキシシリン水和物、クラリスロマイシン等)を同時に投与する必要があるため、病院で指示を受けましょう。

使用可能期間まで服用を続けても、効果が現れない場合、他の原因が考えられる可能性もあります。病院を受診し、医師に相談してください。

服用の際には、十分な量の水、またはぬるま湯で服用してください。

タケプロンジェネリックは、腸で吸収される腸溶錠です。飲み忘れに気付いたときは、そのタイミングで1回分を服用してください。ただし、次の服用までに8時間以上間隔を空けて服用してください。2回分を一度に服用してはいけません。

タケプロンジェネリックは、胃酸分泌を抑制させる働きに持続性があるため、過量の服用により副作用が起こりやすくなる可能性があります。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

タケプロンジェネリック15mg