「タケプロンジェネリック30mg」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

タケプロンジェネリック30mg

タケプロンジェネリックとはどんなお薬ですか。
タケプロンジェネリックは胃酸の分泌を抑制し、胃潰瘍の治りがよくなり、痛みや胸焼けがやわらぐと言われております。通常、胃酸は胃腸に進入してくる菌を防ぐ大切な役目をしておりますが、胃が弱っていると胃粘膜を傷つけ胃潰瘍の原因を引き起こし、更には胃酸が逆流すると胸焼けを引き起こしたりします。タケプロンジェネリックは低用量アスピリン療法または抗炎症・鎮痛薬の長期服用時における胃潰瘍の再発予防、さらには胃潰瘍の原因菌“ヘリコバクターやピロリ”の除菌補助、非びらん性胃食道逆流症の治療に用いられることもあるようです。

タケプロンジェネリックの服用方法: 
タケプロンジェネリックの服用は必ず医師の指示に従いください。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

タケプロンジェネリック30mg