「ノベロン(マーベロンジェネリック)」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

ノベロン(マーベロンジェネリック)

ノベロンは、有名な製薬メーカーであるMSD社によって製造・販売されている経口避妊薬です。日本では、マーベロンという商品名で販売されています。

ノベロンは2つの女性ホルモンを含有しています。1錠に黄体ホルモンとしてデソゲストレルを0.15mg、卵胞ホルモンとしてエチニルエストラジオールを0.03mg含有しています。ノベロンは第3世代の経口避妊薬といわれ、比較的新しいお薬です。

一相性のお薬で、デソゲストレルとエチニルエストラジオールを一定の含有量に均一されているため、どの錠剤から服用しても問題ありません。経口避妊薬でよくある決まった日に決まった含有量の錠剤を服用する必要がないため、飲み間違を回避することができ、安全に避妊効果を得ることができます。

ノベロンの主な避妊作用は、排卵を抑制することによって起こります。さらに、子宮内膜を変化させ、着床阻害作用および精子通過性阻害作用をあらわすことでも避妊効果を上昇させます。

ノベロンを服用する際に、注意することがあります。ノベロンの服用により、年齢、喫煙、肥満、家族歴等のリスク因子の有無にかかわらず副作用として血栓症があらわれることがあります。

緊急対応を要する血栓症の主な症状は、下肢の急激な疼痛・腫脹、突然の息切れ、胸痛、激しい頭痛、四肢の脱力・麻痺、構語障害、急性視力障害等です。これらのような症状があらわれた場合は直ちにノベロンの服用を中止し、救急医療機関を受診するようにしてください。

血栓症が疑われる症状として、下肢の疼痛・腫脹・しびれ・発赤・熱感、頭痛、嘔気・嘔吐等です。これらの症状があらわれた場合には、ノベロンの服用を中止し、適切な処置を行うようにしてください。必要であれば、医師・薬剤師に相談するようにしてください。

加齢とヘビースモーキング(1日15本以上)の方は、血栓症の発生リスクが特に急激に上昇すると報告がされています。とくに35歳以上の女性で特に顕著です。経口避妊薬を使用する際には、必ず禁煙するようにしてください。

ノベロンは、日本ではマーベロンという名前で販売されているため、マーベロンを病院から処方してもらうことができます。

日本の病院からマーベロン21錠分を処方してもらうのにかかるコストは、

病院の検査料・処方料:
0~1,500円

マーベロンの価格:
2,500~3,000円

合計2,500~4,500円もかかります。

日本では、避妊を目的とするお薬を処方してもらう場合、保険が適用にならず全額自己負担になってしまいコストがかかります。

避妊薬を安価に購入するのであれば、個人輸入代行サイトを利用するのがおススメです

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

ノベロン(マーベロンジェネリック)