「インドメタシン25mg」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

インドメタシン25mg

インドメタシンは、激しい痛みや炎症を伴う関節リウマチの第一選択薬になります。

即効性があり、すぐに効果を発揮します。体内のプロスタグランジンという物質が作られるのを阻害し、熱を下げ、炎症や痛みをやわらげます。胃腸障害などの副作用が強いため、医師の指示のもとに服用するようにしましょう。

関節リウマチ、変形性膝関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、痛風発作、急性上気道炎、急性中耳炎、神経痛、膀胱炎、前立腺炎、歯痛、外傷、手術後の炎症、腫脹、その他の痛みや発熱などを鎮めるために使用します。

効能は、鎮痛、解熱、抗炎症作用です。

インドメタシンは、鎮痛、解熱作用を持つ代表的な非ステロイド性抗炎症薬で、アリール酢酸系に分類される薬剤です。

炎症を引き起こす物質であるプロスタグランジンの産生をさまたげることで、患部の痛みや腫れをやわらげて発熱を抑制します。

働きとしては、炎症をしずめて、腫れや発赤、痛みなどの炎症を抑えます。ただし、対症療法薬ですので、熱や痛みの原因そのものを治すことはできません。

市販されている湿布薬にも、筋肉痛や肩こり、腰痛、関節痛などを緩和するためにインドメタシンが良く配合されていますが、一般に思われているよりも強い解熱作用があります。

強力な鎮痛作用と速効性を持っていますが、プロスタグランジンの合成をさまたげることによって、消化器、呼吸器、筋肉への副作用が起こってくることがあります。長期連用することで、消化器(胃、十二指腸)に潰瘍ができやすくなったり、筋肉が痩せて細くなったり、喘息症状を悪化させたりといったリスクがあります。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

インドメタシン25mg