「スポラノックス」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

スポラノックス

スポラノックスは、真菌(カビ)を殺すお薬です。

水虫やいんきんたむし、カンジダ症などの真菌感染症の治療のために使用することができます。

スポラノックスは世界的に有名な製薬企業であるJanssen(ヤンセン)社によって製造・販売されています。

そのためスポラノックスは世界中の国や地域で承認されており、多くの医療機関で処方・使用されています。

日本でもスポラノックスは承認されており、日本ではイトリゾールカプセル50という商品名で販売されています。

強い抗真菌作用を持ち、幅広い種類の真菌に効果をあらわすことができるので信頼性の高いお薬となっています。

それでいながら安全性が高く、副作用を起こしにくいのもこのスポラノックスが選ばれている理由の1つとなっています

スポラノックスの有効成分は、イトラコナゾールです。

イトラコナゾールは、1980年ヤンセン社で合成されたトリアゾール系抗真菌剤です。

1987年8月にメキシコではじめて承認され、以来ベルギー、イギリス、ドイツ等を含め世界109ヵ国で承認されています。

日本でもイトラコナゾールは承認されており、1986年より臨床試験を開始し、皮膚真菌症ならびに内蔵真菌症に対する有効性・安全性についての検討を行い、1993年にイトリゾールカプセル50として発売し、臨床で広く利用されています。

イトラコナゾールの抗真菌作用のメカニズムは、真菌の細胞膜に作用することで効果を発揮します。

ヒトの細胞と真菌細胞の大きな違いは、細胞膜の主成分です。

ヒトの細胞膜はコレステロールによって構成されています。

それに対し、真菌細胞の細胞膜はエルゴステロールといわれる物質で構成されています。

イトラコナゾールは、その真菌に特異的に存在するエルゴステロールの細胞膜に作用することでヒトの細胞には影響を与えずに安全に治療効果を得ることができます。

イトラコナゾールが真菌のエルゴステロールの合成を阻害し、真菌の発育を抑制または阻止することにより殺菌的に抗真菌作用を発揮します。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

スポラノックス