「ベセルナクリームジェネリック5%(イミクアッド)」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

ベセルナクリームジェネリック5%(イミクアッド)3袋

イミクアッドは、日本では持田製薬から製造・販売されている尖圭コンジローマ治療薬ベセルナクリーム5%のジェネリック医薬品の塗り薬です。有効成分としてイミキモドを5%配合し、1日1回週3日使用することで性行為感染症として有名な尖圭コンジローマだけでなく、皮膚癌などの原因にもなりうる日光や紫外線によるシミ(日光角化症)の症状を治療します。

尖圭コンジローマとは、性器や肛門周囲に疣贅(イボ)ができる疾患のことです。疣贅(イボ)の大きさは1~3mm程度です。尖圭コンジローマの原因は、性行為やそれに類似する行為によってヒトパピローマウィルス6あるいは11というウィルスに感染することで起こります。場合によっては、性行為だけでなくサウナや公衆浴場等の場所でもウィルスに感染することがあります。

ウィルスに感染してすぐに症状が発現するわけではなく、3~32週間の潜伏期間を経てから疣贅(イボ)などの症状があらわれます。そのため、自分がいつウィルスに感染したのかが非常にわかりにくいのが尖圭コンジローマの特徴です。尖圭コンジローマは男性よりも女性に多く、とくに若い方に多いのも特徴の1つです。ヒトパピローマウィルスは子宮頸癌の原因にもなりますので、女性の方は速やかな治療が必要です。

有効成分のイミキモドは、インターフェロンα製剤といわれるお薬です。使用することで体内の免疫機能に影響を与え治療効果をあらわします。イミクアッドの有効成分イミキモドは、患部に使用することでインターフェロンαの産生を促進し、ウィルスの増殖を抑えます。それだけでなく、各種免疫細胞を活性化させウィルスに感染した細胞を攻撃するという作用でもウィルスの増殖を抑制します。

日光角化症は、日光を慢性的に浴びて、紫外線刺激を皮膚が受けることで誘発される疾患です。日光に当たりやすい顔面、耳介、前腕、手背部の皮膚で起こりやすいのが特徴です。主な症状として、1~2cmほどの大きさでカサカサとした紅く斑状のシミが現れることが多いです。 そのまま症状を放置すると皮膚癌の原因になることもあるので、速やかに日光角化症を治療する必要があります。

日光角化症は、慢性的な紫外線刺激により皮膚細胞のDNAがダメージを受けていることが多く、免疫機能が低下している状態にあります。有効成分イミキモドの日光角化症への治療メカニズムは完全には明らかになっていないのですが、この免疫機能の低下を改善することで治療効果をあらわしていると考えられています。

日本の病院からは、イミクアッドの先発品であるベセルナクリーム5%を処方してもらうことができます。

日本の病院から、イミクアッド1箱3袋分と同じ量をベセルナクリーム5%で処方してもらうのにかかるコストは、

  • 病院での診察・処方料:3,500~4,500円
  • ベセルナクリーム5%の価格:1袋1,168.5円☓3袋=約3,510円

合計で約7,010~8,010円になります。

保険が適用されて3割負担になることができれば約2,110~2,410円程度になります。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

ベセルナクリームジェネリック5%(イミクアッド)3袋