「ディオバン80mg」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

ディオバン80mg

ディオバンとは、高血圧を治療するためのお薬です。

高血圧を治療するお薬には、様々な種類がありますが、このディオバンはアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬というグループに分類されるお薬です。人の血圧は、命にかかわる大切なものなので、体の中ではいくつかのメカニズムによってコントロールを受けています。

その中のひとつに腎臓でのコントロールがあります。
人の腎臓には、体の中でいらなくなったものを尿として体の外へ排出するという働きがありますが、それだけでなく、体内の水分・電解質・血圧をコントロールする作用も持ち合わせています。腎臓における血圧をコントロールする機構を「レニン‐アンジオテンシン系」と言います。

この腎臓における血圧コントロールは肝臓からスタートします。
肝臓で、アンジオテンシノーゲンという物質が作り出され、これが腎臓までやってきます。すると、腎臓で作り出されるレニンという酵素の働きを受け、アンジオテンシノーゲンはアンジオテンシンⅠという物質に変換されます。アンジオテンシンⅠは、さらにアンジオテンシン変換酵素(ACE)の働きを受けて、アンジオテンシンⅡという物質へとかわっていくのです。このアンジオテンシンⅡこそが、血圧を上昇させてしまう原因物質なのです。

アンジオテンシンⅡは存在するだけでは血圧に関与しないのですが、この物質の受容体「アンジオテンシンⅡ受容体」にくっつくことで、血圧上昇作用を現します。つまり、アンジオテンシンⅡが受容体にくっつくことを阻止すれば、血圧が上がるのを抑えることができるのです。

アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬は、この作用に着目したお薬です。
ディオバンもアンジオテンシンⅡがその受容体にくっつく前に先回りして受容体をカバーし、アンジオテンシンⅡが結合しないように働くのです。

国内では、同じ作用に着目して作られたお薬がいくつか発売されていますが、その中でもディオバンは、1日1回服用するだけで一日中効果を持続させることのできるお薬なのです。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

ディオバン80mg