「アイピル(ノルレボ)アフターピル」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

アイピル(ノルレボ)アフターピル

アイピルは緊急的に服用するために開発された経口避妊薬で、一般的には「アフターピル」と呼ばれています。

コンドームが破けるなどのハプニングで避妊に失敗した、性被害に遭ったなど不測の事態で避妊ができなかった時に望まない妊娠を回避するための薬です。

性交後でも72時間以内に服用することで、女性自身で妊娠を高確率で防ぐことができます。

アイピルを性交後早い時間に服用すればするほど避妊成功率は上がり、性交後24時間以内での服用であれば95%もの確率で妊娠を防ぐことが可能です。

着床後に服用しても避妊効果はありません。

アイピルは日本でも販売されているアフターピル「ノルレボ」のジェネリック医薬品なので、ノルレボと同一成分・効果でありながら安価でお買い得となっております。

アイピルは3段階にわたって高い避妊効果を発揮します。

まず、排卵を抑制する作用です。精子卵子と出会わなければ妊娠に至りません。

次に、子宮内膜の増殖を抑える作用です。この作用によって、もし排卵が抑えられず受精したとしても受精卵が着床しにくくなります。

更に、子宮頚管の粘液を変化させて精子を子宮内に侵入しにくくする作用です。

これらの作用によって高確率で妊娠を防ぎます。

性交後時間が経てば経つほど排卵・受精・着床していく可能性が高まるため、アイピル及びアフターピルの服用は時間との戦いとなります。

従来のアフターピルプラノバールなど)は時間を空けて2回服用する必要があり副作用も多く重いのがデメリットでしたが、アイピルは避妊効果を維持したまま1回きりの服用で済み副作用も軽減されていることが特徴です。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

アイピル(ノルレボ)アフターピル