「HGAスプレー」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

HGAスプレー

年齢とともに分泌量が減少する成長ホルモンのスプレー剤です。

舌の裏側にスプレーして使用します。国内の処方医薬品では疾患の治療のための注射剤しかなく、アンチエイジング等の目的で使用される事はないので、医療機関では入手できない商品です。

HGAスプレーは成長ホルモンの医薬品です。

成長ホルモンは幼児や子供の身長を伸ばす作用を持つホルモンとして知られています。脳の下垂体という部位から分泌され、幼児期や成長期の子供が大人の身体になるためには欠かせないホルモンです。

疾患などが原因で成長期までの子供の成長ホルモンが充分に分泌されない場合には、医療機関では定期的な点滴や注射などを行い、成長ホルモンの分泌不全の治療が行われます。

このように健康な育成のために欠かす事のできない体内物質である成長ホルモンですが、実は成長ホルモンは生涯を通じて私たちの身体の中で分泌され続けている事をご存じでしょうか?

よく、「大人になると身長の伸びが止まるのは、成長ホルモンが分泌されなくなるせいだ」という説明をみかけます。ですがこれは厳密には間違いで、大人の身体でも成長ホルモンは分泌されているのです。

しかし、大人の身体の中での成長ホルモンは、成長期ほど大量には分泌されず、その分泌量にも大きな個人差があります。

成長ホルモンが大人の身体でも分泌され続けているのは、成長ホルモンに身長を伸ばすなどの発育に関わる事以外にも様々な役割があるからです。

成長ホルモンには、主な作用だけでも皮膚の潤いを保つ作用・身体の筋肉量を保つ作用・心臓の機能を保ち、動脈硬化を防ぐ作用・血糖値を下げる作用・体脂肪を減らす作用・血中のコレステロール量を下げる作用などがあります。

その他に、身体の様々な機能、感情や能力に関わる機能などに関わる様々な働きをしています。

このように成長ホルモンは身体のさまざまな機能に深く関わっているため、分泌量が減少する事で、疲れやすくなる・集中力が続かなくなる・記憶力が低下する・イライラする・怒る、泣くなどの感情の起伏が大きくなる・無気力になるなどの様々な症状があらわれてきます。

成長ホルモンは思春期の後期に分泌量の最大を迎え、その後は年齢とともに分泌量が減少していきます。思春期の分泌量に比べると、30~60歳台での分泌量は4分の1になるとも言われています。

年齢とともに減少する成長ホルモンを適切な量だけ補う事で、若々しい身体を保つことができます。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

HGAスプレー