「クラビットジェネリック500mg」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

クラビットジェネリック500mg(100錠)

レボフロキサシンは、細菌をやっつけて効果を発揮するニューキノロン系に分類される抗生物質です。

レボフロキサシンは日本でよく使用される抗生物質の1つであり、人気があります。

性感染症の淋病やクラミジアの菌に対しても効果があります。

これらに感染したときの主な症状は、おしっこをするときに痛みを感じたり、のどの痛みを伴います。

性感染症は早めの対策が必要ですので、予備として保管しておいても問題ないと思います。

他に感染力の強いマイコプラズマ肺炎にも効果があります。

公衆衛生環境の悪い海外へ行かれる方は、汚染された川の水を飲んだり、その水で調理して食事された後にお腹を壊される方が大変おられます。予備として持っていただいても良いかと思います。

このお薬を服用することで、DNA遺伝子の酵素に作用し、細菌のDNAが作られるのを抑えます。

細菌のDNAが作られなくなることで、細菌は死滅し増殖も抑える働きがあります。

人体のDNAには影響ないのかと心配される方もおられますが、細菌特有のDNA遺伝子のDNAジャイレース及びトポイソメラーゼⅣ型という酵素を阻害するため、現在の医学の知識では、ヒトに影響を及ぼすという問題はありません。

基本的に数日間服用することで殺菌効果を発揮し、細菌を死滅させます。使用方法欄に、適応の菌と適応症を記載しておりますのでご覧ください。

ジェネリックですのでお安くお買い求めいただけます。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

クラビットジェネリック500mg(100錠)