「フルナーゼ点鼻液」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

フルナーゼ点鼻液

フルナーゼ点鼻液は、ステロイドを含む点鼻液でアレルギー性や血管運動性の鼻炎の治療薬です。 成分として、プロピオン酸フルチカゾンが含まれており、1噴霧で50μgの成分がスプレーされるようになっています。

花粉症などのアレルギー性鼻炎では、鼻の粘膜に炎症性の細胞がたくさん集まってしまっており、これに花粉などのアレルギー物質がくっつくことで、過敏に炎症反応をおこしてしまっているのです。 その炎症反応が症状としてあらわれるのが、くしゃみ、鼻水、鼻づまりです。

一般的に「ステロイド」と聞くと、効果はあるけど副作用の強いお薬というイメージが持たれるかと思います。

これは、注射や飲み薬としてステロイドを使用した場合、全身にお薬がまわってしまい、期待した場所以外でも作用をあらわしてしまうためなのです。

しかし、点鼻のステロイド薬は鼻の粘膜に直接作用するため、全身へのお薬の移行がなく、イメージされるような副作用はほとんど見られません。

特にこのフルナーゼの成分は、鼻の粘膜にくっついて抗炎症作用をあらわし、その後すぐに代謝されてその効果を失ってしまいます。 このため、もし体に薬の成分が吸収されていたとしても、お薬が代謝された後の成分なので、全身性の副作用はおこりにくくなっているのです。

また、このお薬はアレルギー性の鼻炎だけでなく、血管運動性の鼻炎にも効果が見られます。

血管運動性鼻炎とは、鼻の粘膜が刺激を受けることで炎症をおこしてしまう鼻炎で、気温の変化の激しいときや、空気が乾燥しているとき、香水などのにおいの強いものを嗅いだときなどに、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状があらわれます。

花粉の季節でないときに、鼻炎症状があらわれる場合には、血管運動性鼻炎を発症しているのかもしれません。

ステロイド点鼻薬は、出た症状を直ちに抑えるのではなく、あらかじめ炎症がおこりにくい環境を作り出す作用のため、使い続ける必要があります。 症状がひどくなる前から使用することが大切です。(効果があらわれるまでに、数日かかります) またすぐに効果が出なくても、使用は止めずに継続してください。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

フルナーゼ点鼻液