「メラトニン3mg」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

メラトニン3mg

なかなか寝付けない、夜中に目が覚めてしまう、朝起きても疲れが取れない等の悩みを抱えていませんか?
そのような方は、不眠・睡眠障害かもしれません。
そんな方におススメなのが、このメラトニンです!

1錠に有効成分としてメラトニンを3mg含有し、服用することで様々な睡眠の悩みを解消することができます。
メラトニンは、不眠・睡眠障害だけでなく、旅行帰りの時差ボケなどにも効果があり、多くの睡眠トラブルに悩む方に愛用されています。

有効成分のメラトニンは、もともと体内にも存在し、「睡眠ホルモン」と呼ばれています。
脳の松果体と呼ばれる部位から分泌され、体内時計を調節することで、覚醒と睡眠を切り替え、自然な眠りを促す作用があります。
メラトニンは眠りを誘うだけでなく、抗酸化作用によって細胞の新陳代謝を促したり、疲れを取ってくれるために、病気の予防や老化防止に様々な効果を持つと考えられており、注目されているホルモンです。

睡眠を促すメカニズムは、体内時計によってコントロールされています。
生活リズムにあわせて松果体からメラトニンが放出され、それにより眠気があらわれます。
昼間の日光が出ている時間帯にはメラトニンが分泌されず、夜になると分泌が開始されます。

現代社会では、ネオンや街灯などが普及し、昔のように夜に真っ暗になるようなことがなくなりました。
それによって夜でも明く、パソコンやスマートフォンの光の影響で夜にもかかわらず脳がまだ朝であると錯覚してしまい、体内時計のリズムが乱れてしまいます。

体内時計のリズムが崩れてしまうと、メラトニンの分泌量が減ってしまい睡眠障害に陥ります。
なかなか夜に寝付けなくなったり、途中で目が覚めたり、疲れが十分に取れなくなってしまいます。

メラトニンはもともと体内に存在するホルモンによる睡眠導入のため、依存症や耐性を起こしにくく、副作用も少ないため安心・安全に服用することができます。
現代の不眠症の治療は、ベンゾジアゼピン系といわれる睡眠導入剤を使用するのが主流です。
しかし、ベンゾジアゼピン系薬は睡眠を導入する作用以外にも、筋肉の弛緩による転倒や記憶障害も起こしてしまいます。
さらに、長期間の服用は依存症や耐性ができてしまい薬が効かなくなってしまうなどの問題もあります。

メラトニンにはこのような問題が起こるとは報告されておらず、安全性が非常に高いため、最近では不眠に悩む方から注目を集めています。
まずは1回1~5mgメラトニンを服用して、ぐっすり眠れるか様子を見てください。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

メラトニン3mg