「プロザック」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

プロザック

 プロザックは、1999年に日本で認可されたデプレロメールルボックス、そして2000年に認可されたパキシルなどと同様の新型の抗うつ剤で選択的セロトニン阻害薬(SSRI)と括せられる、新たに開発された抗うつ剤のグループに属しています。

 

プロザックは、脳内の伝達物質であるセロトニン系と呼ばれる神経のみに働くのが特徴で、プロザックは、そのセロトニンを増加させる働きがあります。

うつ病は、脳内のシナプス間隙にあるセロトニンの濃度が少ないと考えられており、その状況を改善するために何らかの方法でセロトニン濃度を高める必要があります。

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれていて、人間の精神面に大きな影響を与える神経伝達物質で、濃度をあげることで神経の伝達が活発になり気分が安定し、気持ちが楽になっていきます。

セロトニンの増加は気分を楽にしてくれる作用があります。

有効成分である塩酸フルオキセチン選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が脳内におけるセロトニンの再吸収を阻害することで、うつ病を治療する薬です。

また、プロザック抗うつ剤の一番多かった副作用である口喝や便秘などが大幅に軽減されます。。

プロザックは、1994年にはアメリカでは神経性大食症や強迫神経症の治療薬として認可が下りています。気分が安定し気持ちが楽になるために、主にうつ病強迫神経症摂食障害パニック障害など精神科の治療に効果的な治療薬になります。

また、各種うつ症状の他にも月経前症候群PMS)にも有効であることが認められています。

お薬の効き方ですが、急激な変化は見せずに徐々に時間をかけて1週間から2週間程で効き目がでてきます。

また、他の抗うつ剤と比べると副作用が少なく、ゆっくりと効果が表れるために、急な精神的な変化も無く、依存性が少ないことがプロザックの特徴です。

そのため、軽度のうつ病の方に適している抗うつ剤となっています。

主な効果として、気分が落ち着く、気持ちが楽になる、意欲向上になるなどの効果が表れます。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

プロザック