「タミフル」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

タミフル

有効成分のオセルタミビルリン酸塩は、香辛料として有名な「八角」を原料とし、インフルエンザウイルスが体内で増殖する時に必要な「ノイラミニダーゼ」というタンパク質の働きを阻害することによって、ウイルスの増殖を抑えます。インフルエンザには稀にC型も存在しますが、C型のインフルエンザウイルスには、ノイラミニダーゼが存在しないため、タミフルは効きません。ただC型はA型やB型に比べると症状が軽く、普通の風邪のような経過で治ってしまうことも多いためあまり問題視する必要はないと言われています。

タミフル自体にはウイルスを殺す働きはないため、ウイルスの増殖がピークを迎える発症から48時間以内に服用することが非常に重要とされています。

インフルエンザの主な症状は急な高熱や全身倦怠感、関節痛などで、ウイルスが体内に入ってからある程度増殖し、感染から約24時間後に症状が出ると言われています。そのため、インフルエンザウイルスに感染前や感染後でも潜伏期間の段階で、タミフルを服用した場合、薬の服用期間中に限りますがインフルエンザ発症を抑えることができます。

ある製薬会社の研究発表によると、予防目的でタミフルを服用した場合のインフルエンザの感染率は、1.3%だと言われ、高い予防効果を示しています。ただ現在の日本において、インフルエンザ予防でタミフルを使用することが認められるのは、原則としてインフルエンザ発症者と一緒に生活している方、慢性心疾患や呼吸器疾患などを持っており、インフルエンザ発症時に重症化が心配される方、65歳以上の高齢者に限定されています。

そして、予防目的で使用する場合は保険適応が認められないため、医療機関で処方してもらう場合は、合計で5000〜8000円(薬剤代の他、診察・処方箋料・調剤料など含む)程度の自費負担が必要とも言われています。しかし上記のような対象に入らない方でも、大事な試験を控えた受験生やどうしても仕事は休めないという方でインフルエンザを予防したいと思う方はネットでタミフルを購入することもおすすめです。インフルエンザ流行期前のワクチン接種も有効な予防策のひとつですが、残念ながらワクチンを接種していても100%発症を予防できるわけではありませんので、ここぞという時にはタミフルを併用し、より確実に予防しましょう。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

タミフル