「サインバルタ60mg」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

サインバルタ60mg

サインバルタ60㎎は、こんな方におすすめ

  • 意欲が低く何をするにも疲れが出る方
  • うつ状態を改善したい方
  • 活力を取り戻したい方

サインバルタ60㎎の特徴・効果効能

サインバルタ』は、デュロキセチン塩酸塩を主成分とする抗うつ剤で、脳内で放出される物質、セロトニンノルアドレナリン、アドレナリンの再取り込みを阻害し、脳内にこれらの物質を増やすことで神経活動を活発にするSNRIと呼ばれる抗うつ剤です。脳内のアドレナリンを増やすことで意欲を高め、セロトニンを増やすことで不安な気持ちを軽減します。『サインバルタ』は第四世代という最も新しい抗うつ剤で、代謝が大変緩やかです。そのため1日1回の使用でも効果を発揮します。

サインバルタ』はセロトニンとアドレナリンだけでなく、ノルアドレナリン系の神経系にのみ選択的に働きます。そのため口の渇きや、便秘といった副作用が少ないのが特徴です。

また、現段階で最も進化した抗うつ剤と言われ、作用が早く、抗うつ剤としての効果が強いというのも利点です。通常『サインバルタ』は20㎎、40㎎、60㎎と服用量をふやすことができますが、その際は1週間以上20㎎を続けた後40㎎へと移行し、さらに1週間以上のスパンを経て60㎎まで服用量を増やすことができます。また『サインバルタ』には慢性疼痛を鎮める働きがあり、特に糖尿病性神経障害に伴う疼痛には国内外で第1選択薬とされています。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

サインバルタ60mg