「サインバルタジェネリック40mg」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

サインバルタジェネリック40mg

 サインバルタジェネリックに含まれる有効成分であるデュロキセチンは、憂うつな気分を和らげるだけでなく意欲を高める薬で、うつ病うつ状態に適応があります。最近では糖尿病に伴う神経痛にも使用されるようになっています。
デュロキセチンは脳の中の2つの神経伝達物質であるセロトニンノルアドレナリンの再取り込みを阻害するので、結果として脳の神経の間にセロトニンノルアドレナリンが増加します。セロトニンは不安を和らげて気持ちを楽にし、ノルアドレナリンはやる気がなかった状態から意欲を持てるようにすると言われています。
デュロキセチンはセロトニン受容体とノルアドレナリン受容体に特異的に作用するため、以前の抗うつ薬によく見られた口渇、便秘、眠気、吐き気、頭痛などの不快な副作用は出づらくなっています。
成人の場合は1日1回朝食後にコップ1杯の水で40mgを内服します。飲み始めに、かえって気分が落ち込むようなことがあったら医師に相談するようにしましょう。デュロキセチンは比較的安全性の高い抗うつ薬とは言われていますが、肝臓や腎臓の機能が低下している人、躁うつ病や高血圧、心臓病、てんかんなどの持病がある人も、内服後に病状が悪化する可能性もあるため事前に医師に相談した方が良いです。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

サインバルタジェネリック40mg