「コスメライトクリーム」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

コスメライトクリーム

コスメライトクリームは、有名な美白クリームであるメラケアクリームのジェネリック医薬品です。

Oaknet Healthcare(オークネット ヘルスケア)社によって製造・販売されています。

1本20gチューブに有効成分として3つの美白・美容成分を配合しており、白く・美しく・綺麗な肌を手に入れることができます。

有効成分として、ハイドロキノン(Hydroquinone)2%、トレチノイン(Tretinoin)0.025%、モメタゾンフランカルボン酸エステル(Mometasone Furoate)0.1%が配合されています。

1日1~2回使用することで、劇的な効果を実感することができます。

コスメライトクリームには、主に3つの有効成分が配合されています。
ハイドロキノン(Hydroquinone)2%、トレチノイン(Tretinoin)0.025%、モメタゾンフランカルボン酸エステル(Mometasone Furoate)0.1%が配合されています。

1つ目のハイドロキノンは、皮膚の黒い色素の原因となるメラニンを産生するのを抑制する効果があり、皮膚の漂白剤ともいわれています。
皮膚の漂白目的で海外では古くから使用されており、メラニンを産生する細胞であるメラノサイトに対する細胞毒性によって皮膚を白くすることができます。

2つ目のトレチノインは、ビタミンA誘導体の一種です。皮膚に使用すると表皮角化細胞増殖促進、ならびに表皮のターンオーバー促進効果があらわれます。
通常、トレチノインを使用しなければ皮膚の生まれ変わりのサイクルは約4週間です。

トレチノインはこのサイクルを加速させ、皮膚の細胞を活性化させます。
この効果により皮膚がどんどん新しく生まれ変わるため、古い皮膚がポロポロ落ちていくような感覚が感じられシミやしわ、ニキビなどの皮膚症状の改善効果があります。

トレチノインのシミへの治療効果は皮膚の産生サイクルを促進するため速やかに発現し、比較的短期間に大きな効果を得ることができます。
4週間のサイクルは、約2週間短縮されるので効果は2週間程度であらわれます。

トレチノインには皮膚のメラニンを排出する効果もありますが、新たなメラニンの産生を抑制する効果はありません。
そのため、トレチノインによって新たに産生された皮膚にメラニンが供給されてシミができないように、漂白作用があるハイドロキノンと一緒に使用することが推奨されています。

モメタゾンフランカルボン酸エステルは、皮膚外用合成副腎皮質ホルモン製剤(ステロイド外用薬)です。
使用することで皮膚の炎症を抑える効果があり、腫れや赤み湿疹等の症状を治療することができます。

ステロイド外用薬の強さは、最も強い1群から弱い5群の5つのランクに分類されています。
モメタゾンフランカルボン酸エステルは2群(非常に強力)に分類されています。

効果が強力なので、皮膚のデリケートな部分には適していません。
そのかわり、炎症や赤みのひどい肌の部分に使用すれば速やかに症状を改善することができます。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

コスメライトクリーム