「ダイフルカンジェネリック」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

ダイフルカンジェネリック200mg

ダイフルカンジェネリック200mgは、ファイザー株式会社が製造・販売している抗真菌症治療薬ジフルカン(ダイフルカン)のジェネリック医薬品です。

服用することで、病気の原因である真菌を殺すことができます。

先発品であるジフルカンは、1978年にPfizer社によってトリアゾール系の抗真菌薬として開発されました。

日本でもジフルカンは1989年から承認されており、使用されています。

1日1回服用するだけで、血液、呼吸器、消化器、尿路、髄膜などの真菌症の治療することができ、骨髄移植などの造血幹細胞移植における真菌感染症の予防にも使用されています。

ダイフルカンジェネリック200mgもそんな先発品ジフルカンと同様に、服用することで速やかに真菌に感染した臓器へ移行し、真菌を根こそぎ殺しつくしてくれます。

  • カンジダ属及びクリプトコッカス属による下記感染症
    • 真菌血症、呼吸器真菌症、消化管真菌症、尿路真菌症、真菌髄膜炎
  • 造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防
  • カンジダ属に起因する腟炎及び外陰腟炎

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

ダイフルカンジェネリック200mg