「ケアプロスト(ルミガンジェネリック)」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

ケアプロスト(ルミガンジェネリック)

ケアプロストは、ルミガンジェネリック医薬品です。有効成分ビマトプロストを、先発品のルミガン同様1ml中に0.3mg(0.03%)含有しています。有効成分ビマトプロストは、アメリカのアラガン社において新規に開発された強力な眼圧効果作用をもつ成分です。アメリカにおいて2001年3月に高眼圧症の適応症として承認され、現在では75ヵ国以上の国や地域で承認・販売されています。

ビマトプロストは本来緑内障の治療薬として使用されていましたが、瞼に使用することでまつ毛を強く太く長くする効果もあることがわかりました。そのため、まつ毛貧毛症の治療薬として2014年3月にビマトプロストを配合したグラッシュビスタという名前で販売が開始されました。そのためケアプロストは、ルミガンジェネリックでもあり、グラッシュビスタのジェネリックでもあるのです。まつ毛貧毛症とは、まつ毛が不足しているあるいは不十分な状態である疾患です。

原因としては、加齢や皮膚の疾患、ストレスや過労などです。ケアプロストは、このまつ毛貧毛症治療薬として使用することが可能です。使用することでまつ毛の成長(長さ、豊かさ、色の濃さ)を促進し、上まつ毛の印象を劇的に改善することができます。有効成分ビマトプロストは、まつ毛の毛包に作用して、まつ毛の毛周期における成長期を延長することでまつ毛の成長を促進すると考えられています。

注意点は、ビマトプロストの使用を続けている間はまつ毛の成長が期待できますが、使用を中止してしまうとまつ毛の増毛効果は数か月程度で失われてしまうということです。まつ毛の増毛効果を維持したいのであれば、ケアプロストの使用を続けることが推奨されています。まつ毛増毛効果には個人差がありますが、多くの方が使用を開始してから1か月程度で効果あらわれます。3か月程度継続すれば目に見えて効果があらわれていることを実感できるので、根気よく使用するようにしてください。

日本では、ケアプロストの先発品であるルミガンを病院から処方してもらうことができます。

しかし、ルミガン緑内障の治療薬のため、まつ毛の増毛のために処方してもらうことはできません。

ルミガンと同じ有効成分ビマトプロストを配合して、まつ毛の増毛のために使用されるお薬の名前はグラッシュビスタといわれています。

グラッシュビスタによるまつ毛増毛は、美容目的の処方になるので保険が適用されず全額自己負担になってしまい非常にコストがかかってしまいます。

日本でグラッシュビスタを処方してもらうのにかかるコストは、

  • 病院での診察・処方料:0~3,000円
  • グラッシュビスタ1本の価格:18,000~20,000円

合計18,000~23,000円もかかります。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

ケアプロスト(ルミガンジェネリック)