「ルミガン」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

ルミガン

ルミガンは有効成分としてビマトプロスト0.03%含有する緑内障治療薬・まつ毛貧毛症治療薬(まつ毛育毛剤)です。元々は緑内障治療点眼薬でしたが、今ではまつ毛育毛目的で使用する方が大半です。

緑内障治療で使用しているとまつげが濃くなったという「多毛」の副作用が非常に多く報告され、その後の臨床試験ルミガンのまつ毛育毛作用が正式に明らかになりました。
そこで、発想の転換でまつ毛育毛剤として開発され華々しく登場しました。
日本国内でも「グラッシュビスタ」という商品名で販売されており、高い人気があります。

尚、緑内障治療の場合は点眼して使用しますが、まつ毛育毛目的で使用する場合はまつ毛の生え際に塗布して外用剤として使用します。

まつ毛の毛周期の中の成長期を延長する作用・毛胞を刺激する作用・メラニン生成を活性化する作用で長く太く濃いまつ毛を生み出します。
毎日継続してルミガンを使用することで、約2ヶ月で効果を実感し4ヶ月程度で最大の効果が得られます。

美容目的だけではなく、特発性まつ毛貧毛症やガンなどの化学療法によるまつ毛貧毛症にも発毛・育毛効果を発揮します。

まずは緑内障治療としての効果効能について説明します。
眼球内では房水と呼ばれる水分が循環していて、この房水が過剰になると眼圧が上がることで視神経を圧迫し弱めてしまいます。その結果、視野狭窄や視力低下などの症状が現れるのが緑内障です。緑内障の症状を治すには、眼圧を下げることが目的となります。
ルミガンの有効成分ビマトプロストは、眼圧を下げる働きがあるプロスタマイド受容体に働きかけることで房水の流出を促進して眼圧を下げます。

次にまつ毛貧毛症治療薬(まつ毛育毛剤)としての効果効能です。
まつ毛の毛周期は成長初期・成長期・退行期・休止期という流れがあり、1~3か月のサイクルで成長と後退を繰り返します。
ルミガンの有効成分ビマトプロストは毛の成長期の期間を延ばして毛包細胞を刺激することでまつ毛の成長を促進させ伸ばします。
また、メラニン生成を活性化して毛の色が濃くなる効果もあるため、有効成分ビマトプロストの作用で新しく生えるまつ毛は元々のまつ毛より黒く・太く・長く良質です。

まつ毛育毛剤としてのルミガン臨床試験では、使用期間4ヶ月で上まつ毛の長さは約1.5mmUP、太さは約3.5倍、濃さは20%近く増えたというデータがあります。
効果の発現に個人差はありますが、ルミガン使用開始からおよそ1ヶ月でまつ毛の変化を実感し始め、2ヶ月目にはほとんどの方がまつ毛の育毛効果を実感します。
そして4ヶ月で最大の効果に達すると言われています。
尚、ルミガンの使用を中止するとおよそ1ヶ月で元に戻ります。ルミガンによって生えたまつ毛を維持するには、継続する必要があります。

元々のまつ毛貧毛・まつ毛エクステやメイクなどでダメージを受けたまつ毛の修復育成・抗がん剤など化学療法によって失われたまつ毛の修復育成など多くのシーンでルミガンは素晴らしいまつ毛育毛効果を発揮します。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

ルミガン