「メプレート2.5mg(プロベラ)」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

メプレート2.5mg(プロベラ)

メプレートは有効成分である酢酸メドロキシプロゲステロンによって体内の黄体ホルモンを補充することで様々な治療に多く使用されています。メプレートは黄体ホルモン製剤「プロベラ」のジェネリック医薬品であるため、プロベラと同成分・効果でありながら安価でお買い得です。

卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモンの(プロゲステロン)は体内で重要な働きをしている重要な女性ホルモンです。女性の身体では、これら2つのホルモンの増加減少のバランスによって生理・妊娠・出産が行われます。

卵胞ホルモンのエストロゲンは、「正常な生理周期を維持する」、「排卵を起こす」、「女性の生殖器や乳房を発達させる」、「肌や粘膜の潤いやハリ艶を整える作用」、の他、脳・自律神経・循環器・脂質代謝・骨代謝など体内の様々な機能を正常に維持する作用を持っています。

そして、黄体ホルモンのプロゲステロンは生理周期において排卵後の後半(高温期・黄体期と呼ばれる期間)に特に多く分泌される女性ホルモンです。受精卵が着床しやすいように子宮内膜を増殖して厚くする作用(子宮内膜分泌化作用)と妊娠を維持する作用が主な働きです。

黄体ホルモンが不足したり女性ホルモンのバランスが大きく崩れると、生理不順、月経異常、無月経、機能性子宮出血、不妊症、切迫早流産、習慣性早流産などの症状が現れやすくなります。

メプレートは黄体ホルモンを補充する黄体ホルモン製剤ですが、天然の黄体ホルモンに近い自然な作用を発揮することができます。そのため副作用も少なく安全性が高いです。

月経不順や無月経などの月経トラブルの治療においては、一定期間メプレートを継続的に服用して子宮内膜を十分に厚くさせてから服用中止後に出血を起こして生理周期を正常に戻します。

機能性子宮出血の治療においては、厚くなった子宮内膜をそのままの状態を保ち剥がれにくくして出血を抑制します。

黄体機能不全による不妊治療においては、まず受精卵の着床のために排卵日に合わせて服用を開始し、着床しやすいように子宮内膜を厚くします。着床後においても早流産の予防に有効です。子宮内膜を正常な状態にして子宮の緊張を解いて妊娠状態を維持させます。

更年期障害においては、エストロゲンによる女性ホルモン補充療法(HRT)を行う際にエストロゲンによる子宮がん発現のリスクを減らす目的でメプレートを併用するのがHRTの主流になっています。

また、医師の判断によりメプレート高用量を乳癌や子宮癌の治療に使用することがあります。乳癌に対しては他のホルモン療法薬の効果が悪くなった場合などに使用し、子宮癌に対しては再発や転移例においても良い効果を発揮すると言われています。

このようにメプレートは産婦人科領域において様々な絶大な治療効果を発揮します。 女性ホルモンは微々たる量で症状や身体の状態が大きく変わることがあるため必ず医師に指示された用量を守って服用し、自己判断での安易で蔓延的な服用はしないでください。

日本の医療機関でも多く処方されています。ここでは現在国内で主流で処方されている先発品プロベラで検討致します。(最近ではジェネリック医薬品もございます。)

プロベラ2.5mgの薬価は1錠25.1円であるため、100錠だと薬代は2,510円になります。 診察料・処方料・調剤料などの受診費用が加算されると総額ではおよそ7,000~8,000円になりますが、保険適用の3割負担でおよそ2,100~2,400円になります。

ただし、血液検査や内診など何らかの処置を受けた場合は更に1,000~数千円追加されることを留意してください。初診の場合は詳しく診察・検査されることがほとんどです。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

メプレート2.5mg(プロベラ)