「フェミロン(マーベロンジェネリック)」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

フェミロン(マーベロンジェネリック)

低用量ピルは女性自身で生理と妊娠をコントロールできる経口避妊薬です。少量の女性ホルモン(卵胞ホルモンのエストロゲン・黄体ホルモンのプロゲステロン)を含有しており、排卵抑制作用・子宮内膜の増殖抑制作用・粘液変化による精子侵入阻害作用で正しく服用していればほぼ100%の確率で妊娠を回避します。
また、服用することで卵巣・子宮を休めホルモンバランスを整えます。

フェミロンは第3世代という比較的新しい世代の低用量ピルで、従来の低用量ピルに比べると効果を維持したままホルモン量が少なく設計されているため副作用が少ないことが特徴です。また、従来の低用量ピルと違い21錠全てが同一の成分量であるため服用の順番などなく簡単に服用できます。

フェミロンは大人気の低用量ピル「マーベロン」のジェネリック医薬品であり、先発品のマーベロンと同等の成分・効果でありながらお安く購入できます。

体内でフェミロンの有効成分によって少量のエストロゲンプロゲステロンが補充されると脳が妊娠状態であると認識し、卵胞の発育・排卵が抑制されます。排卵しなければ卵子精子と受精することがないため妊娠に至りません。
また、着床の鍵となる子宮内膜の増殖が抑えられることで、もしも排卵が抑えられず受精が起こっても着床せず妊娠が成立しにくい状態になります。
更にフェミロンは子宮頸管粘液の粘度を高めて精子が子宮内に入りにくくする作用も持っています。

フェミロンは排卵を抑制することで卵巣・子宮を休めてホルモンバランスを整える作用があるために月経困難症(生理痛、月経過多など生理中の苦痛)やPMS(生理前の心身の不調)の改善効果があります。子宮内膜の増殖を抑えることから子宮内膜症の予防や進行抑制の治療にも多く使用されます。

更に、ホルモンバランスによる大人ニキビの治療にも有効で、美肌効果があります。
その他、更年期障害骨粗鬆症の予防、卵巣がんや子宮体がんの予防などメリットがたくさんあります。

ただし、長期的な服用で乳がんや子宮頸がんの発症リスクは少し高まる傾向にあるため定期的に検診を受けるなどの注意が必要です。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

フェミロン(マーベロンジェネリック)