「ダイアン35」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

ダイアン35

体内で分泌される女性ホルモンは女性機能の発達、妊娠・出産、身体機能など多くの機能に大きく関わる非常に重要なホルモンです。女性ホルモンには卵胞ホルモン「エストロゲン」と黄体ホルモン「プロゲステロン」の2種類がありますが、これらのホルモンの増加・減少のバランスから生理周期のリズムや妊娠出産が成立しています。

低用量ピルは少量のエストロゲンプロゲステロンを含有する女性ホルモン製剤です。ごく少量の女性ホルモンを補充することで女性自身で生理や妊娠をコントロールすることができます。正しく服用した場合の避妊率はほぼ100%です。

低用量ピルは3つの作用によって避妊効果を発揮します。

1つ目は排卵抑制作用です。低用量ピルによって脳下垂体が「女性ホルモンが十分に分泌されている=妊娠時の状態」と認識するために排卵が起こらなくなります。

2つ目は子宮内膜の増殖を抑えて受精卵を着床しにくくする作用です。子宮内膜が増殖せず薄いままだと着床しにくい=妊娠が成立しにくくなります。

3つ目は、黄体ホルモンの作用によって子宮頚管(子宮の入り口)の粘液を変化させて精子の子宮への侵入を防ぐ作用です。

このように3段階において妊娠を回避する作用があるため、低用量ピルは非常に高い避妊効果を発揮するのです。尚、服用を中止すればじきに排卵は再開します。

低用量ピルは排卵を抑制することで卵巣や子宮を休ませてホルモンバランスを正しく整えるため、避妊目的以外にも月経困難症、PMS月経前症候群)、子宮内膜症不妊症、更年期障害、難治性の大人ニキビなど多くの治療に対して有効です。

ダイアン35は有効成分として酢酸シプロテロン(黄体ホルモン)とエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)を含有する新しい低用量ピルです。副作用が少なく、日本では未認可ですが用量的に体格が比較的小さめのアジア人向けだと言われています。

また、有効成分の酢酸シプロテロンは従来の低用量ピルの黄体ホルモン製剤と違って男性ホルモンを抑制するという特徴的な作用があります。そのため男性ホルモンの優位が原因で発生する大人ニキビに対して従来のピルよりも著しい改善効果があり、海外ではニキビ治療目的でダイアン35は特に多く使用されます。

男性ホルモン抑制作用からダイアン35は男性型の多毛症や抜け毛に対しても改善効果が期待でき、更に巷では女性化希望の男性でもダイアン35を愛用している方が多いと言われています。(男性が服用する前提で作られていないので、決して自己判断で安易に服用しないでください。)

ダイアン35は日本では未認可の低用量ピルであるため流通していません。
インターネットで検索してみるとごく僅かのクリニックで取り扱っているようですが、基本的には国内の医療機関では手に入らないと思っておいたほうがいいでしょう。

ダイアン35をはじめ低用量ピルの価格相場は約2,000~3,000円です。ここに診察料・処方料・調剤料など諸々の受診費用が加算されると総額ではおよそ6,000~7,000円前後になるかと思われます。
尚、自費診療(保険が効かず、全額自己負担)となります。
また、内診や血液検査など何らかの処置を受けた場合は更に1,000~数千円追加されます。

ダイアン35など低用量ピルを服用すると、頭痛、むかつき、吐き気、下腹部痛、動悸、めまい、乳房の張り・痛み、不正出血、眠気、倦怠感など妊娠時のつわりのような症状が起こることがあります。特に頭痛や吐き気が比較的起こりやすい症状です。

これらは身体のホルモンバランスが妊娠状態に近付くように大きく変化することで起こるものなので、経度であればさほど心配いりません。継続していると身体が慣れて症状は消失します。

その他体重増加や肌荒れといった症状も起こることがありますが、こちらもほとんどは一時的なものです。

滅多に起こりませんが、低用量ピルの重大な副作用として「血栓症」が挙げられます。

血栓症は血管内にできた血栓によって血液が詰まる疾患ですが、部位によっては心筋梗塞など命に関わるので危険です。息切れ、胸痛、痺れ、激しい腹痛・頭痛、舌のもつれ、視力障害、失神などといった症状が重い血栓症の主な初期症状です。服用後に何らかの明らかな身体の異常があれば、服用を中止してすぐ受診してください。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

ダイアン35